顎ニキビ 妊娠中

MENU

妊娠中なら迷わず主治医に相談しましょう

顎下、顎周りのニキビの原因は、大きく分けて5つ。

 

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 不十分な洗顔
  • 睡眠不足
  • 過剰なストレス
  • 冷え性

 

このこのから考えても妊娠中に急に顎ニキビが大量発生した!のでしたら迷わず産婦人科にかかりましょう。
自分の主治医がいると思いますのでまずは相談してみましょう。

 

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化しやすいので、いつもよりあごの吹き出物ができやすくなります。妊娠を継続させるためには黄体ホルモンであるプロゲステロンを優位に保つ必要があるので、どうしても皮脂が出やすくなるのが原因です。

 

そして、大人ニキビは「ホルモンバランスの乱れ」が原因で起きている場合が多いので出産で、産婦人科の診察を受けるついでに顎ニキビも診てもらいましょう。
妊娠や出産、月経と深い関わりのある女性ホルモンは産婦人科の得意分野なのですから安心です。また、主治医ともなれば妊娠の状態から体の状態もある程度把握できていますのでよりよい対処法が見つかると思います。

 

 

そして自宅で行えるケアは、保湿です。
顎ニキビに多くの女性が愛用していて効果も出ているスキンケア商品がメルラインです。
しっかり保湿でき、ニキビの改善も促していくのでしつこいニキビにはかなり効果を感じている人が多いです。

 

  • あご・フェイスラインのニキビ予防ができる
  • あご以外にも顔・デコルテ、お尻、二の腕にも使える
  • 累計販売数10万個を超える人気商品
  • ニキビを改善し肌の状態を正常に導く効果のある成分を配合
  • 潤いをたっぷりあたえて肌を整えていくため10種類の保湿成分を配合

 

メルライン愛用者の声

 

妊娠してから、出産をしても、体質が変わったのか頑固なニキビ…治ってもニキビ跡となり、ほっぺは真っ赤…。高い化粧品を使い、皮膚科にまで通い…色々なことを試しましたが、変化が見られず…そこから、たまたまメルラインを知り、軽〜い気持ちで購入…しかし、使っていくうちに顔が白くなった?!と思う位、透明感が出て赤みも減り、生理前の大きなニキビも顔を出さず、1ヶ月がたちました!!これからも使い続けて、若いママを目指します!


 

 

妊娠4ヵ月から、フェイスラインの肌あれが、とっても酷く、気になってさわる→悪化する→治るとまた新しいのが…のくり返しで、元々、肌には気をつかっていたし、メイクも好きなので、毎日が苦痛でした…。使い始めて、すぐに新しいニキビが出来なくなり、アゴのでこぼこ、ざらざらも消え、旦那にもキレイになったと言われました!!オールインワンで楽なので、愛用しています? 他の使うのがコワいです(笑)


 

 

現在妊娠7ヶ月の妊婦です。メルライン使い始めて8ヶ月が経ちますが、初めのうちは、とにかくニキビがひどかったのですぐにはスピードよく効果は出ませんでしたが、徐々にニキビが小さくなっていってヨッシャ!!と思っていた矢先、つわりで顔中に大量の吹出物が!!それでも根気よくメルライン使い続けて今ではだいぶニキビが落ち着きました。これからも使い続けていきたいと思います。


 

 

 

顎ニキビと生理の関係

女性の中には生理周期によって顎ニキビが定期的に出来やすくなるという方もいますよね。この生理周期によって出来やすい顎ニキビの原因は、ホルモンバランスが崩れることによって起こるんです。女性には約1ヶ月の中で排卵と生理という二つの大きな境目を持っています。この境目で実は分泌されるホルモンが変わってきます。生理から排卵までの間は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が活発になりますが、排卵から整理までの間はプロゲステロンとう女性ホルモンの分泌が活発になります。このプロゲステロンというのは、性質としては男性ホルモンに近く、プロゲステロンが分泌されると皮脂が過剰に分泌されてしまうんです。その結果、顎の毛穴からは皮脂が過剰に分泌され、顎ニキビが出来やすくなります。このプロゲステロン、実は排卵後妊娠した時に備えて水や脂肪などを蓄えようとする働きがあります。妊娠していないときにはどうしてそんなホルモンが分泌されるの?と言いたくなりますが、妊娠した時にはとても大切な役割を担っているホルモンになっているんですよ。